Aset #1 Report

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0

DoctorGelさん寄稿によるレポートをどうぞ。
※本パーティーレポートは、パーティー終了から数ヶ月後に書いているため、記憶がおぼろげな箇所が多々あります。予めご了承ください。

これまでインターネットテクノDJのオフラインパーティーとして3回ほど開催していた中野heavysickZEROでののパーティー。
今回はサカムクレトンガリキッズでお馴染みのアキライシハラこと、A-IncさんをゲストDJに迎えての開催となりました。
パーティー名を「Aset」と銘打ち、これが後の中野heavysickZEROでの隔月レギュラーパーティーになるなんてことは、この時はだれも予想だにしなかったでしょう(たぶん)

さてさて、ゲストDJのA-Incさんのプレイはそれはもう圧巻でしたね。
ラップトップを使いつつのDJプレイはそれはもう果てしなく素敵なもので、A-Incここにあれという感じでしたね。
さっきまでほとんど棒立ちだったフロアが一変して、全員踊り狂っていましたね。阿鼻叫喚の地獄絵図でした。
私もあの曲がかかったときはもう死ぬかと思いましたね。興奮しすぎて。「イクーッ!」って叫びそうになっちゃいましたもの。
A-Incさんになら抱かれてもいいと思いましたよ、ほんと。
まぁ、その時の記憶は定かではないんですけれどね。

で、インターネットテクノDJ創始者のフロッピさんのDJ。
さすがはミニマルっ子です。シンプルで渋い音なのにフロアを延々と踊らせるプレイ。これはもう創始者の腕を見せつけられたと言っても過言ではないのではないでしょうか。
あの曲がかかったときは身体の毛穴中から色んなモノが吹き出た気がしました。色んなモノっていうのは、汗だったり尿だったり、あとは子供の身体からは出てこない白濁液とかです。
フロッピさんになら抱かれてもいいと思いましたよ、ほんと。
まぁ、その時の記憶は定かではないんですけれどね。

そしてここからはこれを書いている人間の個人的なことになってしまうのですが、まんたろうさんのテキーラショット回し飲み大会(今ではAsetでの恒例行事となっています)で脳をヤられてしまいまして、途中から全く記憶が無い状態となっていました。
TJMTさんのDJ中に、「TJ!TJ!」って叫んでTJさんコールをしていたところから完全に意識がありませんでした。
(あとから人に聞いたところによると、B2カウンター横の椅子でぐったりしていたそうです)

そんなこんなでこんな曖昧すぎるレポートになってしまいましたが怒らないでくださいネ!

Written by DoctorGel

Author Profile

DoctorGel
ASETのレポート担当。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0