Aset #5 Report

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0

9月5日に行われたAset #5のフォトレポートと、DoctorGelさん寄稿によるレポートをどうぞ。

今回のAsetはいつもと違う・・・?
さてさて、何がいつもと違うのかっつーと、まずこれまで欠かさずにB2フロアのオーガナイズ&出演をしているまんたろうさんがも、いつもB2のフロアをオシャレ空間にしたてあげてくれるTJMTさんもいません!
えーそりゃあ寂しいよーなんて思っていましたが、そのぶんそれなりに濃い内容となっておりました!
いつもはB1でプレイしているフロッピさんが、今回は初のB2でのプレイです。それも6時間のロングプレイ!!!
それに加えてライブアクトをasagaoaudioさん、DJを4cさん(from オナテック☆レコード)といった豪華ゲストを迎えての開催となりました。
今回は出演者も少ないので、私(クラブで酒を飲みながらヘラヘラするしか脳のないサノバビッチ)が一人ひとりの感想を真偽交えて書いてみたいとおもいます。

オープニングを勤めたのはAsetレジデントDJであるmikiminimalさんでした。
今回私はオープンと同時にヘビーシックにいたんですが、綺麗な始まり方でしたね。
まだお客さんがほとんど入っていない箱で、綺麗な女性が綺麗なブースで綺麗なミニマルを流しているわけですよ。
基本は音数少なめまったりとしたミニマルなのですが、その中にもしっかりと緩急のあるねっとりかつ濃厚な気持ちの良いプレイで私の身体ものっけからビンビンでした。
次回も是非ご指名したいですね。

そしてそして、mikiさんが回している最中、開始から1時間後の17時からフロッピさん6時間ロングプレイが始まりました。
いつもB2はだいぶお祭り騒ぎのなんでもありフロアになるのですが、今回ばかりはもうフロッピさんの独断場です。
フロッピさんらしく、ミニマルな音楽から始まりました。
いつもは遠目でしか見えないフロッピさんのプレイなのですが、B2フロアでは間近でみれるのでなんとも新鮮であります。
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに3回はしてると思います。

B1フロアではmikiさんに続いて、DJ Uさんのプレイです。
渋〜い曲からスタートして、途中から徐々にあがっていく選曲となってました。
お客さんが徐々に増えてきたこともあってか、この辺の流れのつくりかたはさすがでございます。
DJ Uさんの何がいいって、プレイの内容もさることながら、プレイしながらの笑顔やら雰囲気やらがほんと楽しそうで素敵です。
その楽しさが聴いてる側にも伝染しちゃいますね。飲み会にいたら絶対に雰囲気が楽しくなっちゃうタイプです、DJ Uさんって。
合同コンパを開催する際には、DJ Uさんを呼んでみてはいかがでしょうか(無責任発言)
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに5回はしてると思います。

さて、B2フロアでは、まだまだフロッピさんのプレイ続行中です。
フロッピさんといえば、ニコ生でのロングプレイはもはや珍しくはないものとなっています。
十数時間延々とプレイ、なんてこともありましたね。
でもやはり箱で回すとなると家とは少し違うようで、「もう疲れたよ〜」なんて言いながらフロアまで降りてきて放送用PCでコメント確認したり、ちょくちょくありました。
そんなフロッピさん、可愛くて好きです。私はノンケです。
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに7回はしてると思います。

そしてB1フロアではkoguma aka チャックさんのプレイ開始です。
kogumaさんって呼べばいいのかチャックさんって呼べばいいのかもうよくわかんないですが、もう好きなように呼んだらいいと思います。
koguma aka チャックさんはいつもはB2でハードなプレイをしてフロアを沸かせてくれるのですが、今回はなんとミニマル色の強い選曲から始まりました。
「おぉ、いつものkoguma aka チャックさんとは違うよー!」なんて思っていたのも最初だけ、やはり実力のあるDJさんは違いますね。
渋めの曲でもキチンとフロアを踊らせちゃいました。かっこいいです、koguma aka チャックさん。
そして後半はいつものkoguma aka チャックさんのごとく、ハードめのプレイでしっかりと盛り上げちゃってくれました。
koguma aka チャックさんはやっぱり最高や!帽子の似合う男前や!
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに10回はしてると思います。

それから今回のゲスト第1弾、asagaoaudioさんのライブです。
私は事前にasagaoaudioさんの曲を聴いていたのですが、私の好みど真ん中だったのでかなり期待してました。
で、実際にライブを体験したのですが、これがもうツボです。ドツボです。
インダストリアルでノイジーな重くて暗い感じなのですが、それがもうかっこいい!たまんない!抱いて!2億円ちょうだい!
音数少なめのミニマルが全盛期の昨今、こういうぶ厚くて攻撃的な音楽がもっとあってもいいと思います。
ダークで固くて数秒おきに鉄パイプで頭蓋骨をガッツンガツンぶん殴られてるような音楽が好きな方は是非asagaoaudioさんをチェックしてみてください。
私はBeatportでasagaoaudioさんの曲買っちゃいました。
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに30回はしてると思います。

その頃B2ではまだまだフロッピさんが絶賛ロングプレイ中!
ちょいちょいとハードめな曲も織り交ぜつつ、フロアを飽きさせないプレイはさすがテクノ番長です。
で、途中で4cさんが乱入したらしいのですが、なんと私は見逃してしまいました!
4cさんがCDJで曲をかけたとか???なんだかかなり貴重なシーンっぽいので見逃したことにだいぶ後悔です。
きっとその時私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこを沢山してたんだと思います。この辺でゆうに70回はしてると思います。

そしてB1フロアの大トリ、4cさんの登場でございます。
初音ミクのコスチューム・プレイと何故か金髪のヅラという特異な出で立ちもさることながら、プレイの内容もかなり凄いことになってました。
いきなり150近いBPMで開始して、いきなりJeff MillsさんのBellsをかけたりとしょっぱなからぶっ飛ばしモードですよあなた。
んでプレイの途中でフロアに降りてきてお客さんとハイタッチを始める(私も加わりました)という自由奔放なプレイ!
ドラえもんネタやら魔界村ネタやらかけまくって途中で曲止めたりして、どんだけ好き勝手しとんねん!っていう。大好き!
残念なのは何を隠そう、私はフロッピさんの最後を見届けるため(不謹慎な意味じゃなくて)、終盤の4cさんを見ていなかったことです。
噂によると、ちょっぱやのBPMでBorn Slippyをかけたりしたらしいじゃないですか。聴きたかった!
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、おしっこも沢山しました。この辺でゆうに72回はしてると思います。

はい、そしてとうとうフロッピさん6時間ロングプレイもラストとなりました。
私はもう良い感じに酔っぱらっていたので、フロッピさんがなにをかけていたのかぼんやりとしか覚えていないのですが、だいぶ気持ちよく踊っていたことは確かです。
で、感動的にプレイが終わったんですが、終わった後に、「ワンモアー!!ワンモアー!!」ってアホみたいに叫んでみたんですよ。青っぱなを垂らして。終わっちゃうと寂しいから。
そしたらちゃんと応えてくれましたフロッピさん。アゲアゲの曲をかけてくれました(俗に言うハードッピ)
そりゃあフロアはもう大盛り上がりで、この6時間を締めくくるにふさわしい時間となっていました。
フロッピさんも珍しくカメラに向かって顔をさらけ出したりして、ネット中継しか見れないファンにも出血大サービスしてました。
あのラストのなんとも言えない達成感というか一体感はなんなんでしょうか。あれは今までのAsetにはなかった雰囲気で、来てよかったーマジでーっ!イッちゃったけど幸せだーって気になりました。
またいつか、今度は12時間くらいのロングプレイをやって頂きたいものです(真面目です)
あと私はお酒を沢山飲んでいたので、最終的におしっこはダダ漏れでした。いろんなものがダダ漏れでした。

そうそう、わざわざ岐阜からお越し頂いたうえ、お土産まで持ってきてくれた方(通称マリオさん)がいらっしゃいました。
お土産、おいしかったっす!
遠方から来てくれるお客さんがいると、ただのお客である私も嬉しいものですね!フロッピさんや出演者さんはその何倍も嬉しいんじゃないかと思います。
てか、今回はフロッピさんによると「今までで一番お客さん少なかった」らしいので、行きたいと思っているけどめんどくせーとかクラブ初めてだし怖いとか一人だから行きづらいとか思っている人は、是非次回は来たらいいと思います!
損はしないと思いますよ!

Written by DoctorGel

※今回、あまり撮影できなかったので、撮影された方がいらっしゃいましたら、itdj(at)itdj.infoまで送っていただけると嬉しいです。

Photographed by TJMT

Author Profile

DoctorGel
ASETのレポート担当。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0