Aset #9 Report

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0

DoctorGelさん寄稿によるレポートです。
※パーティーは5月でしたが、本パーティーレポートは諸事情のため数ヶ月経った8月に書いています。記憶がおぼろげな箇所が少々あるので予めご了承ください。

というわけでゴールデンウィークが始まって数日が経ちましたね。皆さんはゴールデンウィークの予定はたててありますか?楽しいゴールデンウィークを謳歌していますか?
もちろん私は予定なんかたてていませんし、友達もいないしお金もないので、ずっと片栗粉を揉み続けています。
そうそう、昨日だか一昨日だか、いつだったかよく覚えてないんですが、5月1日に中野をブラブラと歩いていたんですよ。もちろん片栗粉を片手に。で、何か片栗粉の代わりに揉めるものないかなーなんて思いながら早稲田通りを歩いていたんですね。そしたら犬がフンをしていたので、「あ、これ、犬のフンとか意外と揉みがいがあるんじゃないかなー」とかちょっと考えたんですが、やっぱりちょっと抵抗があったんでやめたんです。もしかしたら犯罪になるんじゃないかなって。犬に訴えられたらもう私の人生もおしまいですからね。
諦めてめそめそ泣きながらとぼとぼと歩いていたら、中野heavisickZeroとかいうクラブみたいなものがあったんです。そこで「そうだ、音を揉んでやろう」って思いついたので中に入ってみることにしました。
そしたらAsetとかいうテクノのパーティーをやっていたのでそのときのレポートをこれから書こうと思います。

私が中に入ると、いつもはB2で回しているTJMTさんがなぜかB1で楽しそうに回していました。私は少し混乱してしまって、「えっ、もしかしてB2フロアがB1フロアになってB2フロアがB1フロアになったの!?なんかこう、空間が歪んだかなにかで時空とかなんかそういうSF的なことが起きてしまったの!?盛りそば一丁!」って思ったり思わなかったりしたんですが、実際はただ単にTJMTさんがB1フロアで回しているだけでした。
B1のTMJTさんも非常にTJMTさんらしくポコポコぷにょぷにょピコピコしていて、まだ来たばかりの私の気持ちをゆるりと暖めてくれました。
最近のTJMTさんはAsetではテクノをメインに回しています。ニコニコ生放送とかではオシャレなハウス的なものを耳にすることが多いので、TJMTさんのテクノを肌で感じたい人はAsetに来るしかないんじゃないでしょうか。

そしてB2では初登場のアジアンビューティー、i_tekuさんがかわいらしくDJをしていました。
基本まったりした音で、少しジャジーな雰囲気を加えたりと非常に女性らしい音でフロアを包んでくれました。途中少しドタッたりもしていましたが、まぁそこはご愛敬ということで。
ここ最近のAsetは女性DJがおらず非常に男臭い感じだったので数十年ぶりに優しい気持ちになれる時間でしたね。
そうそう、i_tekuと書いて”マヤテク”って読むのは少しおもしろいですよね。tekuで”テク”だなんて、私は最初読めませんでしたよ。

続いてB2ではまんたろうさんの登場です。
最近のまんたろうさんはパーティーの終盤にDJをすることが多く、もちろん酒好きのまんたろうさんのことなので泥酔状態でメチャクチャなDJをしてくれて私たちを楽しませてくれていました。
今回は「まともなDJをみせたい」という意向(たぶん)でパーティーの序盤での出番ということで、きっとシラフの状態でDJするんだろうなーって思っていましたが、実際は結構酔っぱらってましたね。なにかを叫びながらDJを始めたのでどうなることやらと冷や冷やしましたが、さすがに今回はまだ早い時間なので前回と比べると何億倍もまともなDJでした。
まんたろうさんらしい楽しげで爽やかなハウスを中心(途中でUnderworldの大ネタを挟んだり)に、とてもいい空間を過ごすことができました。
Asetではいつも酔っぱらっていますが、まともにDJをやるとまんたろうさんはかなり上手いです。いつかクラブでまんたろうさんのロングプレイを聴いてみたいですね。

そしてなんやかんやあってB1では今回のゲスト、KOKI KAGAWA a.k.a eaterさんのライブです。
私はKOKI KAGAWAさんの曲をこの時初めて聴いたのですが、一言でいうとオトナのクラブミュージックという印象でした。
ファンキーなリズムかつ落ち着いた雰囲気で、私もモテるオトナになったかのように錯覚して身体を揺らしていました。そんな音楽をクラブで聴いたのに、私はまだモテ始めていません。

そんな雰囲気とは裏腹に、B2は凄いことになっていました。
Asetのおもしろさの一つとして、B1とB2の音の傾向が完全に真逆というのがありますが、今回のB2は完全にぶっ飛びすぎです。
koguma a.k.a チャックさんのハードテクノから始まり、Sangoさんのファンキーハードテクノときて、そこからWatalyさんのハードコア、そして*4c*さんのハードテクノからの、ラストはKeitさんのハードハウスっていう、完全に人を殺しにかかってるとしか思えない極悪なタイムテーブルとなってました。
この人選でこの流れで盛り上がらないわけがないです。私も腰が砕けて砕けた骨がなんらかの健康商品として売られるんじゃないかっていうくらいに踊り狂いました。

そうそう、Keitさんがプレイしているときに、フェーダーを勝手にいじくり回しちゃった人がいたみたいです。恐らく泥酔されていたんだと思うのですが、いくら楽しくても人に迷惑になるようなことは絶対にしてはいけないですよね。みんなで協力しあって楽しいパーティーを作り上げるべきなのに、そういうDJさんの邪魔をするような勝手な振る舞いをするお客さんがいたのは少し残念です。
Keitさん、あのときはフェーダーいじくり回したりしてほんとうに申し訳ございませんでした!以後気をつけます!今度お会いしたらお酒おごるので許して下さい!!!

というわけで9回目のAsetも非常に楽しいものになりました。
回数を重ねるごとにお客さんも増えてきて、女性のお客さんを見かけることも多くなりました。今回はなんと熊本からわざわざ一人でやってきた女性がいたりと、毎回お客さんの幅も広がっているように思います。
「うーん、Asetに少し興味があるから行ってみようかしら。でも遠いし変な人ばっかりで全然楽しくなかったら嫌だしどうしようかしら」とか考えている優柔不断な女性やオカマ野郎は是非一回でも足を運ぶといいんじゃないでしょうか。確かに変な人ばっかりですが楽しいと思いますよ。
次回のAset#10は7月3日ですね。どんなDJが出演するのでしょうか。みなさんお楽しみに!(もう終わりました)

Written by DoctorGel

Author Profile

DoctorGel
ASETのレポート担当。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0