ASETのフライヤー。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0

fly_aset31_dasd2015年1月3日にASETが一区切りを迎えます。
ASET始まって以来、全てのフライヤーを制作させて頂きました。
フォルダの整理をしていたら没になったデザインがいくつか見つかったのでこっそり公開させて頂きます。

ASETロゴ

aset_logo_dsae_thASETが始まった頃は正式なロゴはなく、ASET3になって正式なロゴが完成しました。
なるべくレコードをイメージしたく、丸みを帯びたデザインに。
デザイン的には小文字ですが、一応文字の表記上としては、ASET(大文字)なのです。

ASETのフライヤーについて。

fly_full_miniフライヤー制作の流れとしては、まずフロッピさんから次回のイベントの「テーマ」を教えてもらい、それを元に自分の方でデザインにします。
具体的な時もあれば、抽象的なものもあり。
いつも斬新なテーマをいただけるので、自分としては楽しく作ることが出来ました。

没バージョン

フロッピさんは基本的に妥協しないので、納得行くまで何回か作り直しをします。
制作の過程で没になったバージョンも多数。
幾つか残っていたものをピックアップ。

ASET06,07,08没フライヤー

この頃は、実写を使ったものが多いですね。
ちなみに地球ゴマをしている手は僕の手です。

ASET09,11没フライヤー

ASET8〜12の頃は、Illustratorの機能を探りながら使っていました。

ASET15,16,18,20,22,23没フライヤー

ASET13以降はフライヤーサイズを決めて100×210mmへ。ロゴ位置や情報位置もフォーマット化。
この頃からフライヤーっぽいと言われるようになりました。

ASET29没フライヤー

ここから最近のものを。
鏡を通して、現実と虚構を表現というテーマ。色違い含む。

ASET30没フライヤー

メンバー全員の手をカラーごとに表現。
フロッピさんからは怖い!と一蹴されたバージョン。

ASET.没フライヤー

個人的にはフロッピさんが廃墟で打ち拉がれる右上のバージョンが好きでした。

個人的に好きなもの

最後に作ったものの中で個人的に好きなデザインを3つ程ピックアップしてみました。

ASET14

いろんな手法と使ってみようと思って、自分なりのコラージュです。
“鼻”と”花”をかけたダジャレでもあります。

ASET20

ASET20はゲームをコンセプトしたイベントだったので、大好きなファミコンをモチーフにデザインしてみました。
上記でご紹介した没バージョンでは、ファミコンのキャラクターを配置しており、これはさすがにいろんな方面から怒られるので没に。
ASET20

ASET25

「今回は実写で行こうぜ!」というフロッピさんのいつもの思いつきから決まったデザイン。
新宿東口、歩行者天国にて。
フロッピさんがもしDJをしていなかったら何をしていただろう?てなことを考えながら撮影していたのは内緒です。

年賀フライヤープレゼント!

今回のASET.のフライヤーはあえて余白を作ったデザインにしています。
紙は厚みをもった「高白ラフバガス」をチョイスしました。
fly_aset31_rhr出演者(ゲスト含む)からの年賀メッセージを手書きで書いたフライヤーを入口でプレゼント!
誰が当たるかはお楽しみ!

皆様、ご来場お待ちしております!

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0