UNDERGROUND Kwaidan RESISTANCE #2

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0



Supported by ASET
【会場】中野heavysickZERO
【料金】予約料金:2,000Yen(1Drink)/当日:2,200Yen(1Drink)
【CLUB OPEN】14:00〜21:00
【怪談START】第一部15:00〜17:00/第二部18:00〜20:00
(第一部はフロアのお客様含めて自由に語り合える座談会コーナーも企画予定です)

B1 MAIN FLOOR 怪談師

ファンキー中村(怪談クリエイター)
ありがとうぁみ(怪談芸人)
北極ジロ(怪談ソムリエ)
響(怪談DJ)

B2 CLUB FLOOR DJ

ファンキー中村 (OLD SCHOOL DISCO)
yohei HIBIKI (TECHNO)
フロッピ (TECHNO)
NOMY(TECHNO)
HIROLi(HOUSE)

「クラブイベントと怪談イベントの融合」をテーマに、人と音とアートの集まるクラブという舞台で開催される全く新しいスタイルの怪談パーティー”UKR”。
今年7月の初回開催では、DJの如く次々に繰り広げられる恐怖怪談の数々と、映像や照明を使ったクラブ独自の演出に、怪談ファンから業界人までフロアが埋め尽くされるほどの大盛況となり、伝説となった怪談イベントです。
記念すべき第2回目となる今回はスペシャルゲストに、怪談界の重鎮として各種メディアでも活躍中の「ファンキー中村」、吉本芸人の中でもトップクラスの怪談プレイヤー「ありがとうぁみ」、超-1怪談コンテスト最優秀作品受賞の実力派怪談ソムリエ「北極ジロ」を迎え、超豪華に上質の怪談がプレイされる。
さらにクラブフロアではDJとしても業績のあるファンキー中村、yohei HIBIKIもDJを披露する特別企画!!
生粋の怪談好きからパーティー好きまで、クラブならではのエンターテイメント空間と上質の怖い話を、心ゆくまでお楽しみください。

予約方法

予約料金での入場の御予約は、下記メールアドレスまで。
予約受付メールアドレス:ukr.kaidan@gmail.com
件名に「UKR予約」と、本文にご予約のお名前・人数をご記入の上送信ください。確認の返信がありましたら予約完了です。当日受付でそのお名前をお願いいたします。
※パソコンからのご予約を奨励します。携帯からメール送信の場合はgmail受信拒否設定を解除してください。
※予約のお客様には、当日の先着入場順に「怪談第二部(18:00)の整理番号」を配布しますので、お早めにご来場ください。怪談第二部はその整理番号順にご案内します。なお、怪談第一部(15:00-17:00)は全席自由席となります。
※席数が限られておりますので、定員に達した場合には立ち見の可能性があります。ご了承ください。

出演者プロフィール

ファンキー中村(怪談クリエイター/DJ)


略歴
昭和80年代、Discoの職業DJを経て、DanceMusic系のRemixerを歴任。
その当時、何度か現場を共にした小林克也氏から、「お前なかなかファンキーなヤツだなぁ。よし!これからはファンキー中村だな」と言われ、そのまま芸名に。
近年では公式カーレースのMC、テレビ・ラジオ等各種メディアへの露出が相次ぐ。

露出
1989年 映画右曲がりのダンディー/同年、映画ドラマ十数本/1994年 映画爆走トラッカー軍団出演&車両貸与/同年、バラエティー数本/1995年 フジテレビ ロンブーの週刊スタミナ天国/同年、タモリ倶楽部他、バラエティー数本/2008年 アメスタトークライブ/2008年 NTTひかりTVナビ <夏のホラー特集>/2008年 JOQR文化放送 吉田照美のソコダイジナトコ/2008年 MXテレビ シェリーのU・Ra・Ra/2008年 都内に於ける怪談ライブ24本/2009年 テレビ東京 しょこリータ<ホラリータナイト>/2009年 広島テレビ アグレッシヴですが何か?/2009年 TBSクマグス 怪談クマグス/2009年 JOQR文化放送 吉田照美のソコダイジナトコ/2009年 日テレ 99プラス 夏のホラーパーティー/2009年 Goomo ピエール瀧のゴーストフィルム/2009年 関西テレビ 怪談グランプリ2009にて審査員/2009年 MXテレビ ほほ1/2009年 Goomo 鳥居みゆき日本の4th Kind/2009年 ムービープラネット作品 心霊工場メインキャスト出演/2009年 怪談映画<幸せになれない悲しい花>原作・出演/その他単独ライブ・トークライブ多数

その他
2009年10月 小学校にて道徳の授業開始/2010年3月 世田谷FMあいざきしんや氏の番組出演

その他
竹書房怖い話単独単行本出版予定(2012年12月末発刊予定にて進行中)/怪談語りDVD製作(株式会社 電遊社にて進行中)/怪談関連番組構築(株式会社 電遊社)/怪談関連ネット番組構築(株式会社 電遊社)/ミリオン出版 怖い噂定期執筆/ダイアボックス社マガジンボックス刊アメ車雑誌A-Carsにて、平成12年より定期執筆

怪談ライブ・講演等鋭意実施中!

ありがとうぁみ(怪談芸人)


吉本芸人の中でもトップクラスの怪談プレイヤー。キャッチーな内容だけでなく、テンションの高低を使い分ける軽妙な話術の上手さを評価する声も多く、手持ちの話は100を超えているとのこと。

日本テレビ「不可思議探偵団」の第二の稲川淳二を探せ!芸人怪談バトルでは、約100組の中から審査と投票の上位3人だけがオンエアされるという条件の中、唯一毎回オンエアされる実績を持つ。フジケン(EXエンタテイメント)では、中谷(ポテト少年団)、好井(井下好井)らを抑えMVPを獲得。吉本興業の怪談を持つ若手が集まったJINBOCHOトーク怪談SPで優勝。
ガリガリガリクソン、好井などと出演した、ひらかたパークの「真夏の夜の怪談」では、お客さん投票ダントツ一位で怪談キングに選ばれる。

自身の怪談ライブ「ぁみ夜話(アワー)」はチケット完売満席で立ち見も出るほどの人気で、出演には国沢(ヒカリゴケ)、ファンキー中村、宍戸レイ、客席には長州小力や片岡(オオカミ少年)など、普段から親交のある怪談仲間も駆け付けた。「ぁみ夜話」というタイトルは、出演者で怪談仲間でもあるファンキー中村のイベント「不安奇異夜話(ファンキーアワー)」から取っている。ネイキッドロフトで行われたぁみの怪談トークライブも満席で立ち見が出る人気であり、いま最も注目される怪談芸人の一人である。

北極ジロ(怪談ソムリエ)


「超-1グランプリ」怪談コンテストにて2010年最優秀作品受賞。
エロ怪談からガチ怪談まで何でもありの怪談バーリ・トゥーダー。

響(怪談DJ)


怪談プロフィール
クラブ怪談イベント「アンダーグラウンド怪談レジスタンス」主催。クラブDJ/ターンテーブリストとして活動する傍ら、実話怪談蒐集家としてアンダーグラウンドな活動を展開中。足でかせぐ怪談をコンセプトに、全国各地、昼の世界から夜の世界まで、レコードと怖い話を掘り続ける怪談フリーク。

DJプロフィール
Techno、Minimal、Tech-Houseを軸として、3ターンテーブルによるDJ-MixとScratch/Turntablismを融合した手法で独自のDJスタイルを構築。都内主要クラブでキャリアを重ねると同時に、2005年には当時数多くの敏腕ターンテーブリストが全盛を誇る「VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE」に唯一のテクノDJとしてエントリーし初出場で優勝。
DJとしてのフロア・コントロールと、バトル優勝歴を持つスクラッチを応用したライブ感をあわせもつDJとして、都内を中心に活動を展開。2004年以降は、YAMAHA主催のベトナム、フィリピン各国での大規模イベントのツアーDJに抜擢され、各都市の主要クラブ、野外フェスにてDJを敢行し着実に評価を得る。
国内外の著名DJ・アーティストとの共演も多数敢行する傍ら、ターンテーブリストとしてQ-bert、P-Trixをはじめ世界レベルのスクラッチDJと共演を果たす他、デジタルミクスチャーバンド「SKUNKRICE」のDJとしてアジア各国でのライブツアーおよびトラックリリースにも参加。国内外を問わず精力的に活動を展開している。
-2005年 第6回 VESTAX NOTRICKS SCRATCH DJ BATTLE CHAMPION (優勝)
-2005年 VESTAX NOTRICKS GRANDCHAMPIONSHIP FINALIST(準優勝)

とびだせどうぶつの森 マイデザイン「UKR T パープル」




Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0