Diggin on Records #6

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0

遅ればせながら明けましておめでとう御座います。
どころか丸一年以上書いてなかったんですよね。猛省。

てなわけで年賀の代わりに去年~今年に買ったもので記憶に残っているものを適当にピックアップして紹介します。

DAVE the drummer & Ant – The drums

これはちょっと前に買ったものでアシッドテクノレーベルの雄、Stay Up Foeverの記念すべき100番目のリリース。
ほんとはacidcorpの001番とか同じくSUFのsick of capitalism want my money back!とか紹介したかったんですけど動画がなかったんですよね、残念。
シンプルなキック~アシッド~ドラムロールの変な展開!
ロングミックスしつつ雰囲気変えたいときにピッタリ。
と思いつつあとに混ぜる曲にちょっと困る感じです。

DJ Misjah & DJ Tim – Access (Thomas Schumacher Remix)

リリース自体はずいぶん前でオリジナルはアシッドテクノの大アンセム。
ハードオフで100円でゲット。
昨年末のフロッピさんの24時間ニコ生配信の後半で使われてた曲のリミックスです。

んで原曲

David Moleon vs Iago de la Vega – Pabori (Original)

BASICSレーべルの12番でEPタイトルは「the final ep」。リリースはこれで最後とのウワサ。
このレーベルは一貫してトライバルな曲を出していてCarl Falk先生やCAVE御大も曲を出している良レーベル。
本作は売れっ子David Moleonと新鋭トラッカーIago De La Vegaの共作。
いまどきなトライバル。素敵!

THE PRODIGY – SMACK MY BITCH UP (ni-21 REMIX)

あれよあれよというまにYojiさんのHell Houseレコードからもリリースしちゃったぼくのもう一人のボスDJ ni-21のブート盤。
SMACK MY BITCH UPのテックダンスリミックスでバツグンの疾走感と溢れんばかりの男汁。
Free DL可!

Jesus del campo – Gsus Tech

リリースは2009年で名古屋のガスター点くんが使ってるの見て今更かなーと思いながらもゲット。
タイトで中毒性の高いキックだけでも十分かっこいいのにジーザスなんちょけ!と叫ぶ声が入っててズルい!
文句なしにかっこいい一曲です。Freestyle Recordで買えます。
Jesus del campo – Gsus Tech

Nebula – Platinum Jazz

去年リリースされたオシャレダブステップ。
Youtubeの背景がカウボーイビバップなのは謎です。使われたの?

Serial Killaz – Walk and Skank

友達のDJに教えてもらったOn a Ragga Tip/SL2ネタのジャングル。原曲大好き!
Serial Killazの曲は名曲揃いですよねー。

おまけの原曲

Ed Solo & Deekline – Ghost Town feat DJ Concept

去年の夏くらいに買ったような違うような。リリースはだいぶ前のネタモノレーベル8番。
ネタ元はThe SpecialsのGhost Townでピンとこない人もどっかで聞いたことあるおなじみのフレーズ。
夏に海辺で聞きたい感じ!山でも可!

Author Profile

チャック

チャック
2007年、たまたま貰ったターンテーブルをもとにたまたまDJを始め、たまたまDJを募集していた”ヒカリトイ”に参加、以後レジデントとしてしぶとく居座る。
その後新たに”ASET”にもレジデントで参加し、屋内、屋外問わずパーティーに参加。
四つ打ちを軸にパーティーのカラー、時間帯、その日の気分でテクノ、ハウス、ドラムンベースを使い分ける変則DJ。
オールドスクールな音が好物。

Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0Share on Tumblr0